全員失格・母親のメス豚セックス調教記録 無料ネタバレ 4話

全員失格・母親のメス豚セックス調教記録4話の見どころとネタバレ

《無料試し読みはこちら》
▽   ▼   ▽
クリック!!
101057790_BookLiveコミック【AC】全員失格・母親のメス豚セックス調教記録※スマホ専用

 

 

「も……駄目……」

 

ビクビクと震え続けていた肉体が、ベッドの上に崩れ落ちた。

 

彼女の上に覆い被さると、乳房だけでなく首筋、鎖骨、そしてお臍周辺にキスを浴びせる。

 

「はぁ……はぁ激しいんだね……」

 

軽い愛撫で既に汗だくになりながらそう言った。

 

その顔には照れと、そして悦びが浮かび上がっている。

 
 

《無料試し読みはこちら》
▽   ▼   ▽
クリック!!
101057790_BookLiveコミック【AC】全員失格・母親のメス豚セックス調教記録※スマホ専用

 

もっと。

 

もっともっと彼女の肉体に悦びを刻みつけてやりたいと、激しく思った。

 

 

こんなのはセックスでも何でもない。

 

激しい内になど入らない。
この先に待つ事こそが、本物なのだと。

 

 

無言で、彼女の穿いていたズボンをずり下ろしてゆく。

 

「あ……」

 

彼女は気の抜けたような声を出したが、嫌がりはしなかった。
私はパジャマのズボンを取り除くと、薄い三角形の布にも指を掛ける。

 

 

コレを脱がせてしまえば、もう元には戻れない。

 

一瞬だけ指が躊躇いを見せる。

 

「ひゃあっ、き、汚い……そんな……駄目、ああっ」

 

舌先が合わせ目の部分を貫くと、背中を反らして絶叫した。

 

「んぬう……ん……そ、そんな所……舐めるの……? ひううううっ」
私の舌に翻弄されながら聞く。

 

私はただ頷き、それに答えた。

 

「すご……いんだ……え、エッチって……こんな事……をおおおおっ」

 

合わせ目の上の方、愛らしくぷっくりと膨れた陰核部分を舌で押した瞬間、ガクガクと震えた。

 

 

「な、な、なに、いまの……ああああっ」

 

初々しい反応を見せつけられ、脳髄は破裂しそうだった。

 

 

「あっ…ん…ハアハア…あぁ、あ、あ、あんっっ…」

「…ハ…ん……ん…ハアハア…」

「んあっ、んん…あ、あ、あっっ…ぁああっ!」

「うぅ…ハッ、ハッ…ん…う、う…」

「あぁぁっ、んんっ…んあぁぁっっ」

「んくっ…うぅっ!」

 

彼女は動物のように喘いだ。

 

 

続きは本編で

 

 
 

《無料試し読みはこちら》
▽   ▼   ▽
クリック!!
101057790_BookLiveコミック【AC】全員失格・母親のメス豚セックス調教記録※スマホ専用